「スマホはパソコンであって電話ではない」 「ガラケー」復帰が進む理由はここにある

従来型の携帯電話、いわゆる「ガラケー」への回帰が進みつつある。2014年(1~12月)の携帯電話全体の国内出荷台数が減少するなか、ガラケーは前年比5.7%増の1058万台と2007年以来7年ぶりに増加に転じたのだ。
民間調査会社「MM総研」(東京都港区)の調査で分かった。
ガラケーは2013年の1001万台から57万台増加

それによると、スマホを含む携帯電話全体の出荷台数は前年比2.5%減の3828万台で、過去最高だった2012年(4375万台出荷)以降、2年連続の前年割れになった。買い替え需要が一服したスマホが前年比5.3%減の2770万台と2年続けて減少した影響が大きい。
一方のガラケーは2013年の1001万台から57万台増加した。減少が続いていたが、底を打った形だ。携帯端末の契約比率ではスマホが52.3%で、ガラケーの47.7%を上回る。しかし、スマホが年間100万台規模で出荷され始めるようになった2008年以降、ガラケーが前年を上回るのは初めてだという。
ガラケーが復調してきた理由について、業界からは「スマホの通信料金の高さや使い勝手の悪さが敬遠されたのに加え、通話やメールなど最低限の機能で十分という利用者が少なくないから」との指摘がある。

私もガラケーに戻したくなってきた。

だって、スマホの機能のほとんどを使ってないんだもん!

Leave a Reply