Archive of ‘docomo’ category

スマホで写真を撮る、そこからアマゾンへ!

あなたが街中でバッタリ遭遇した、あるいは何らかの機会を狙って、憧れの有名人の写真を撮ることができたとする。手持ちのスマートフォンで撮影するだろう。

すると、そのスマホへ、ある知らせが届く。写真に写った有名人が身に着けていた服やアクセサリー、バッグなどの詳細な情報だ。要は「買わないか?」という提案である。「ウザい」と思う人が大半かもしれないが、意外な提案についクリックしてしまうかもしれない。極端な例かもしれないが、今まさにこんなサービスが産声を上げている。

撮影データから購入へ

2015年に注目度が高まりそうなスタートアップ企業がある。カナダのトロントで生まれたSlyce。日常生活を消費活動に誘うアプリをつくっている。私たちがスマホでさまざまなモノの写真を撮影すると、その商品をネット上で探し、価格や在庫の情報を教えてくれ、購入までできるサービスを提供しているのだ。主要な小売り企業6社と提携している。余談だが、SlyceのIPアドレスは「.it」で終わる。ドットコム企業ですらなく、ドットITである。

Slyceが面白いのは、写真からモノを判別するだけではなく、ビデオ(映像、動画)やオーディオ(音声)なども認識できる機能も持つことだ。撮影した商品そのものが見つからないときは、類似の商品が表示される。「お望みの商品はないけれど、こっちはどうだ?」という具合。子どもの汚れた靴を撮ったら、「そんな汚れたクツは捨ててしまって、すぐさま新品を買おう」などというわけだ。スマホユーザーが撮影した1枚の写真が、無数の消費へとつながっていく。

このアイデアをビジネスにしているのは、カナダのスタートアップだけではない。流通の新たな巨人もプレーヤーだ。アマゾンドットコム(以下アマゾン)である。

アマゾンはかねてより、画像認識技術を磨いてきた。アマゾンのアプリを使えば、商品写真をアップロードすると、アマゾンの商品ページを紹介する仕組みもできている。そのアマゾンが、自社のスマホ「Fire Phone」に実装するのが「Firefly」なる新たな機能である。

これ、必要ないものまで押しつけで売ってこられるようで、

私的にはイヤだなあ。

ガラケーの苦境 スマホに押されて独自サービスが次々と終了

電車に乗っても歩いてもスマホを操る人ばかりで、まるで日本人の大半がスマホへ移行したと思われるほど。しかし、情報通信端末の世帯保有率でスマホは53.5%で、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーは28.7%、ガラケーのみの保有率も25.5%と全体の4分の1がまだガラケーだけを使っている(「平成26年版情報通信白書」調べ)。根強い人気のガラケーだが、そろそろスマホへ移行せざるを得ない状況が生まれつつある。

ずっと同じキャリアのガラケーを使い続けてきた40代会社員の桃子さんは、半年前まではまったくスマホにするつもりはなかった。ところが、5月28日に『Yahoo!メール』の携帯電話番サービスが終了したことで、そろそろスマホに機種変更するべきかと思い始めた。

「少し前からガラケーだと見づらいホームページが増えているとは思っていましたが、スマホにするつもりはありませんでした。でも、ガラケー向けの『Yahoo!メール』が無くなったら不便でならない。LINEもしないし、Facebookはパソコンからしか見ないからスマホはいらないと思っていたけれど、そろそろ潮時かな」

ガラケー向けのサービスを終了したのは『Yahoo!メール』だけではない。メールと同じ5月28日に『Yahoo!アドレスブック』のサービスも終了し、ヤフージャパンが提供する『路線情報』や『テレビ』『ロコ』など複数のガラケー向けサービスが次々と提供を終えた。

ヤフージャパンだけでなく、メーカーやサービス業のガラケー向けサイトも終了が続いている。たとえばソニーの製品情報が見られた携帯専用サイトは2014年3月末に、エプソンのユーザー向けサービスサイト『My EPSON』携帯版は2014年10月末に終了した。ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の携帯電話専用サイト提供は12月22日までで、最新情報がガラケーから見づらくなるだけでなく、チケット購入ができなくなる。

どのサービスも、提供終了を告げるとともに「今後はPC、タブレット、スマートフォンからご利用ください」とすすめられていた。Webデザインの仕事を20年近く続けている40代男性は、ガラケー向けの新規開発の優先順位が低くなるのはやむを得ないという。

「どの端末からWebを閲覧しにきたかの記録を見ると、ガラケーは右肩下がりで減っています。自分が請け負っているところに限りますが、去年は多いところはガラケーが3割あったけれど、確かめるたびに減っていますよ。1割に満たないところも少なくないです。そうなると、やはりコストの面からガラケー向けのサポートは縮小せざるを得ない。フルブラウザ表示をすればガラケーからも閲覧できるような工夫はしますが、以前のようにガラケーから見やすくきれいに整えるという配慮はしなくなりました」

会社関係はガラケーも多いけどね。

あ、もしかして、ここが田舎だからかな(汗)

山根博士考案!スマホが11台入る可能なポーチの収納力がスゴイ

ガジェット好きなら、iPhoneを2年間使い切らずに毎年買い替えるだけでなく、iPadもAndroidも併用するなど大量のデジタル機器を日々持ち歩いていることでしょう。そんな人にオススメなのが、香港在住の携帯研究家 山根康宏“博士”が自分のために考案したバッグインバッグ。

元々はスマホをたくさん持ってオフ会をするときに自分が欲しかったから作ったというもので、真ん中のメイン部分も含めると18ヵ所の収納スペースがあります。スマホが11台、8インチ程度のタブレットが2台入るというから驚愕です。

そんなにたくさんスマホ持ってないよ!と思われるかもしれませんが、全部スマホで埋める必要はありません。モバイルバッテリーや文房具などを入れてももちろんOK。この飛び抜けた機能性がウケて、アスキーストアでは在庫が補充されるたびにすぐに売り切れてしまう人気商品。現在、また買える状態になっています。

スマホを18台も持っている自分は想像できないけれど、

他の収納にもよいかもですね。

 

スマホでのエッチなやりとりにご注意

スマホのアプリなどでプライベートな画像や動画をやりとりしてしまい、SNSを通じて知り合った異性や出会い系業者から、金銭を要求される「セクストーション」(性的脅迫)に関する相談が増えているという。情報処理推進機構(IPA)が12月1日、セクストーションへの注意を呼び掛けた。

セクストーションに関するIPAへの相談は、2014年9月頃から寄せられるようになったという。ある相談ではSNSで知り合った異性からプライベートな動画を見せ合おうと持ちかけられ、ビデオチャットのアプリをインストールして、チャット中に衣服を脱いでしまった。その後、見知らぬ番号からの着信で「チャットの動画や電話帳データを公開されたくなければ、金銭を支払え」と脅迫されてしまったという。

IPAによると、同様の手口は海外でも横行しており、米国やフィリピンでの検挙事例もある。また、ハイパーネットワーク社会研究所によれば、出会い系サイトの運営者から「禁止事項のプライベート写真の送付が確認され、システムエラーが発生した」と警告メッセージが送られ、補償金を要求されるケースも起きているという。

国内でのセクストーションの被害では、SNSや不正アプリが用いられるケースが多いとみられている。

まあ、エッチなものすべてに危険はつきもの!?ww

みなさん気をつけましょうww

KDDI田中社長、Firefox OSスマホ Fx0は「ギーク向け。ビジネスは全く考えていない」「つくる自由」

KDDIは12月25日よりauオンラインショップおよび全国のau直販店にて、国内キャリア初のFirefox OS搭載スマートフォン LG Fx0を発売します。

au Firefox OSイベントに登壇したKDDIの田中孝司社長「私がプログラマーだったころ、HTML言語はだらしない言語といわれていた。時代が変わり、HTMLのような言語により多様なソフトウェアを作れるようになった」

Firefox OS搭載スマートフォン LG Fx0について「ギーク向けのスマホ。まったくビジネスのことを考えていない」と豪語。

Firefox OSについて「世界中で800万人が慣れ親しむHTMLに基づきプログラミングが容易」「動作要件が軽く、小さいハードウェアでも動作可能」「WoT機器連携が可能」と説明。

なおFx0という名称には「ゼロから始まるFirefox OS」という意味を込めたそうです。

Firefoxは初めてつかったとき、カンドーしたよ。

それがスマホ搭載になるなんて、ちょっと感動だー!

寒い季節に大活躍のスマホ対応手袋!金属アレルギーでも安心して使える

【スマホ手袋 EVOLG YOUNG GUNS】は、チタンを混ぜ込んだ特殊な糸を使用することで金属アレルギーの方でも安心して使うことができます。

手袋をしたまま親指、人差し指、中指の3本の指でスムーズなタッチパネルの操作や文字入力ができます。

糸に特殊加工が施されているので汚れてしまっても手洗いすることができるので便利ですよ。

(エヴォログ)Evolg YOUNG GUNS 液晶タッチ対応手袋 LET 2312 PINK Free

3本の指で操作できるEVOLGスマートフォン対応手袋
静電容量方式のタッチパネル搭載スマートフォンに反応するように、指先に特殊な糸が使用されています。カーキの他、ピンク、ブルー、チャコールの全4色あります。

パッケージは厚手のチャック付きポリ袋になっているので手袋を取り出した後もスマホや小物などを入れて使えそうです。

 

どこの売場にもスマホ対応の手袋が置いてあるようになったねえ。

時代の流れだねえ。

 

iPhone 6そっくりな超ハイスペック・クローンスマホが中国に出現

くやしいけど、よくできてる。

有象無象のスマホメーカーが存在し、次々と超ハイエンド端末から超格安スマホまで無数に生まれる国、中国。そんな中国からやはりというべきか、iPhone 6のクローンスマホが登場しました。しかもこのスマホ、かなりな高スペックで、価格はたったの243ドル(約2万9,000円)なのです。
名前は「Dakele Big Cola 3」とiPhoneとは似ても似つかないものですが、デザインはもうご覧のとおり。どっちがiPhone 6か区別できないんじゃないかっていうぐらい似ています。

スペックはiPhone 6を上回る点がいくつもあります。まずディスプレイは5インチ・フルHD解像度(1920×1080)でiPhone 6よりも大画面&高解像度。プロセッサは64ビットの8コア 1.7GHzの「MT6752」CPUを搭載、そしてメモリは3GBです。ディスプレイは説明ではサファイアガラスでカヴァーされているってありますが…本当かな?

背面カメラはソニー製で1300万画素(iPhone 6は800万画素)、前面カメラはこれまたソニー製の800万画素、外部ストレージによる増設にも対応しています。バッテリー容量は2500mAhでOSはAndroid 4.4 KitKatです。

デザインの丸コピーはどうかと思いますが、その中身は超ハイエンドといってもいいくらい。そして値段は3万円以下。どうして中国のモノづくりが強いのか、なんとなくわかった気がしました。

 

価格は二重丸をあげたい。

品質もそれほど劣ってないなら、こっちを使ってみてもいいかもね。

 

スマホの「空き容量が不足してます」問題を解消するスマートテク

乙女にとってスマホの容量不足は深刻。どうしたらいいか、詳しい人に聞きたくなるのもわかります。

スマホの空き容量がなくて写真や動画を撮るたびにデータを整理している。そんな女性も少なくないのではないでしょうか。買った時はサクサクだったのに、写真や動画でいつのまにかギュウギュウに。OSのアップデートが配信されても、ダウンロードする容量がないから、私だけ過去の女…。

でも、キラキラ女子にとって写真は乙女力の宝箱。「カワイイ」を記録する大事な要素です。それを消すなんてとんでもない! 女子の恋愛は「上書き保存」なんていいますが、リアルな思い出写真は絶対に消してはいけないもの。

そんな貴重な写真を保管しておけるガジェットが登場しました。それが、アイ・オー・データ機器から発売された「ポケドラCloud(HLS-Cシリーズ)」。

 

上から見ると三角形のおにぎり型で、なんとも不思議な風貌ですが、実はこれスマートフォンやパソコンで使えるパーソナルクラウドストレージなんです。

ぱーそなるくらうどすとれーじ?

と、聞きなれない言葉に戸惑う女子・男子も多いかもしれません。この仕組みを簡単に言うと、ズバリ「スマホのデータを保管しておける君」。スマホの写真や音楽、動画をネットワーク経由で送り込んでバックアップ保存。その後はスマホからデータを消してしまっても、Wi-Fiやインターネット経由でバックアップしたものをいつでも見られるんですよ。
つまりいつでも取り出せる保存場所を持つことができるんです! これは写真によるスマホ圧迫に悩む、キラキラ女子羨望のアイテムではないでしょうか? スマホの容量が足りないために、毎回チマチマいらない写真を消していた作業も必要なくなりそうですよね。
あ、紹介が遅れました。ワタクシ「家電殿下」と申します。

いいえ、宣教師ザビエルではございません。ルネッサ〜ンス!でもありません。家電やスマホをこよなく愛する家電界のプリンスでございますですよ。

いやぁ、そんな自分語りはあまり得意ではないんです。でも、いい機会なのでお話しさせていただけるなら、この国の首都の一角にそびえる我が城(東京都りんかい線沿い 8畳1間)は、すでにワイヤレス化が済んでいるのです。何かデータにアクセスしたい時にいちいちPCを立ち上げて、ケーブルつなぐのって面倒ですよね。

なんてったって、写真の枚数がハンパない!ww

一日に何枚撮ったら気が済むんだろうね。

 

 

KDDI、格安スマホ参入…携帯大手で初

KDDIは11日、格安スマートフォンの販売を18日から始めると発表した。

携帯大手が格安スマホを直接手がけるのは初めてだ。格安スマホを巡る競争が一段と激しくなりそうだ。

格安スマホは普及しつつあるが、参入した企業がNTTドコモの回線を使うケースが大半だ。KDDIは回線の利用料を稼げておらず、巻き返しを図る。

KDDIの子会社「KDDIバリューイネイブラー」が「UQモバイル」のブランド名で、KDDIから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として事業を行う。

端末2機種を発売するほか、端末と月2ギガ・バイトの容量の高速通信のセットを月2920円(税抜き、通話基本料含む)から提供する。全国の家電量販店や通信販売で売る。通信以外の企業がKDDIの回線を使って格安スマホを販売する場合の支援も手がける。

KDDIにとり、通常料金の顧客が格安スマホに乗り換えると収益が悪化する。だが、グループ内に格安スマホを使いたい人の受け皿を用意して「グループとして利用者を増やす」(バリューイネイブラーの菱岡弘社長)考えだ。

格安スマホは安いっていうことは分かったけど、

使いやすさ、見やすさはどうなんだろうね。

うちの父ちゃんも使えるかなあ?

スマホお試し期間、ドコモやKDDIでも

確認できればコワくない。

日本経済新聞によると、NTTドコモとKDDIは購入前にスマートフォンをお試しできるシステムを開始するそうです。自宅や職場で電波が入るかを確かめた後に契約できるようになれば安心ですね。3キャリアから同時にレンタルすれば、どこの電波が一番良く入るかを確かめることもできそうです。

あれ、ソフトバンクは…? と気づいた方は鋭い。実は同社はすでに電波の入り具合が確かめられる「電波保証プログラム」を導入しているんです。解約までの期間は8日間。これだけあれば、自宅だけでなく職場やお気に入りのスポットなどの電波も十分に確認できそうです。

また、携帯電話の無料解約期間も延長される見込みです。現在ほとんどの方が契約している2年単位のプランは、25ヶ月目にあたる1ヶ月以内に解約しないと1万円程の違約金がかかってしまいますが、この期間が伸びればもっと気軽に他社への乗り換えができそうです。さらに、無料解約期間の通知もメールやSMSでおこない、消費者にわかりやすくるするとのこと。うーん、いいじゃないですか。どうして今までこのような通知をやってなかったの? とも思ってしまいますね。

最近は格安で携帯サーヴィスを提供するMVNOが流行っていますが、来年はさらにスマートフォンが気軽に利用できるシステムが広がりそうです。

お試しができるのはうれしいこと。

私も明日行ってみようかな!?

 

 

1 2 3 4